Naoto Yanai


 自己紹介

大阪大学大学院情報科学研究科セキュリティ工学講座の助教です。

主な研究内容は証明可能安全な暗号技術の設計とその応用技術の設計です。

l  Twitter

Awards

1.     平成22年度 筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 専攻長賞修士論文 “署名者構造を反映した多重署名方式に関する研究” , 2011325.

2.     2012年 コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS), CSS 学生論文賞, 2C1-3, “スタンダードモデルにおける順序検証型多重署名方式”, 20121031.

3.     平成24年度 筑波大学システム情報工学研究科 研究科長賞, 2013325.

4.     A3 Foresight Program Annual Workshop 2013 Research on Next Generation Internet and Network Security, Best Presentation Award, Ordered Multisignatures under Standard Assumptions, with Applications to Secure Routing, 11th July 2013.

5.     2013年 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS), 優秀デモンストレーション賞, DPS-07,  “双方向の情報を秘匿可能な効率的化合物データベース検索プロトコル, 20131022.

6.     2013年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), SCIS 論文賞, 3A4-3, “多者多重署名の構成に関する一考察”, 2014122日受賞.

7.     平成25年度 筑波大学システム情報工学研究科リスク工学専攻 専攻長賞(教育部門), 2014325.

8.     2015年 コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS), CSS2015優秀論文賞, 2F4-3, BGPSECにおけるアグリゲート署名の導入”, 20151022.

9.     The 11th International Workshop on Security (IWSEC 2016), Best Poster Awards, "Malware for Protocol Misidentification," 2016913.

10.  The Fourth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR 2016), Outstanding Paper Award, On the Tightness of Deterministic Identity-Based Signatures, 20161123.

Publications

Invited Talk

1.     Naoto Yanai, Multiple-Signability: A Study on Multisignatures and Aggregate Signatures, The Eigth International Workshop on Security (IWSEC 2013), SCIS/CSS Invited Sessions, November 2013.

2.     122回リスク工学研究会(RERM), “現代における暗号技術とその応用”, 筑波大学, 201462.

3.     e-AAC ワークショップ 「第4回情報セキュリティ講座」 -今求められる情報セキュリティとは-, “サービス利用者への情報セキュリティ対策”, 201569.

4.     NPO 法人高齢者大学校, “現代社会とサイバーセキュイリティー 現代社会で発生している諸問題と最新のセキュリティについて”, 201632.

5.     Naoto Yanai (Main Contributor: Kazuma Tanaka) , APAT: An Application of Aggregate Signatures to BGPSEC, The 11th International Workshop on Security (IWSEC 2016), SCIS/CSS Invited Sessions, September 2016.

6.     NPO 法人高齢者大学校, “現代社会とサイバーセキュイリティー  (1/2) サイバーセキュリティの今日的課題と防御策”, 20161214.

7.     NPO 法人高齢者大学校, “現代社会とサイバーセキュイリティー  (2/2) 現代社会におけるセキュリティのあり方について”, 2016111.

Journal

1.     Naoto YANAI, Eikoh CHIDA, and Masahiro MAMBO, "A Secure Structured Multisignature Scheme Based on a Non-Commutative Ring Homomorphism,"IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E94-A, No.6, pp.1346-1355, June 2011.

2.     Naoto YANAI, Raylin Tso, Masahiro MAMBO, and Eiji Okamoto, "A Certificateless Ordered Sequential Aggregate Signature Scheme Secure against Super Adversaries," Journal of Wireless Mobile Networks, Ubiquitous Computing and Dependable Applications, Vol.3, No. 1/2,pp.30-54, March 2012.

3.     Naoto YANAI, Eikoh CHIDA, Masahiro MAMBO, and Eiji OKAMOTO,A CDH-based Ordered Multisignature Scheme Provably Secure without Random Oracles, Journal of Information Processing, Vol.22, No. 2, pp.366-375, April 2014.

4.     Nobuaki Kitajima, Naoto Yanai, Takashi Nishide, Goichiro Hanaoka, Eji Okamoto, "Fail-Stop Signatures for Multiple-Signers: Definitions, Constructions, and Their Extensions," Journal of Information Processing, Vol.24, No.2, pp.275-291, Feburary 2016.

5.     Hikaru Kishimoto, Naoto Yanai, Shingo Okamura, SPaCIS: Secure Payment Protocol for Charging Information over Smart Grid, Journal of Information Processing, Vol.25, No.1, pp.12-21, January 2017.

6.     田中 和磨, 矢内 直人, 岡田 雅之, 西出 隆志, 岡本 栄司, APAT: BGPSEC におけるアグリゲート署名の導入”, 情報処理学会論文誌, 582, pp.544-556, 情報処理学会, 20172.

7.     Naoto Yanai, Tomoya Iwasaki, Masaki Inamura, Keiichi Iwamura, Provably Secure Structured Signature Schemes with Tighter Reductions, "IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, September 2017 (accepted).

Tutorial

1. 石原 靖哲, 矢内 直人, 藤原 融司, “クラウド時代のデータ秘匿性”, 電子情報通信学会誌, 9910, pp.986-991, 解説・総説, 20165.

International Conference

1.     Naoto Yanai, Eikoh Chida, and Masahiro Mambo, "A Structured Multisignature Based on a Non-Commutative Ring Homomorphism," Proc. of Joint Workshop on Information Security (JWIS) 2009, 1B-3, pp.1-15, March 2009.

2.     Naoto Yanai, Eikoh Chida, and Masahiro Mambo, "A Structured Aggregate Signature Scheme," Proc. of International Symposium on Information Theory and its Application (ISITA) 2010, pp.795-800, October 2010, [DOI]

3.     Naoto Yanai, Raylin Tso, Masahiro Mambo, and Eiji Okamoto, "Certificateless Ordered Sequential Aggregate Signature Scheme," Proc. of International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS) 2011, (Workshop: Third International Workshop on Managing Insider Security Threats (MIST) 2011), ppp.662-667, November - December 2011. [DOI]

4.     Naoto Yanai, Masahiro Mambo, and Eiji Okamoto, Ordered Multisignature Schemes under the CDH Assumption without Random Oracles, Proc. of Information Security Conference (ISC) 2013, LNCS 7807, pp. 367-377, November 2013.

5.    Tomoya Iwasaki, Naoto Yayanai, Masaki Inamura, and Keiichi Iwamura, Security Evaluation of an Order-Specified, Identity-Based Aggregate Signature Scheme, Proc. of International Conference on Electrical and Electronics Engineering, Clean Energy and Green Computing (EEECEGC) 2013, pp.51-57, December 2013.

6.     Naoto Yanai, Masahiro Mambo, and Eiji Okamoto, A CDH-Ordered Multisignature Scheme in the Standard Model with Better Efficiency, Proc. of International Symposium on Information Theory and its Application (ISITA) 2014, pp.236-240, October 2014. [DOI]

7.     Nobuaki Kitajima, Naoto Yanai, Takashi Nishide, Goichiro Hanaoka and Eiji Okamoto, "Constructions of Fail-Stop Signatures for Multi-Signer Setting", Proc. of the 10th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2015), pp.112-123, May 2015.

8.     Yukou Kobayashi, Naoto Yanai, Kazuki Yoneyama, Takashi Nishide, Goichiro Hanaoka, Kwangjo Kim, Eiji Okamoto, "Gateway Threshold Password-based Authenticated Key Exchange Secure against Undetectable On-line Dictionary Attack", Proc. of the 12th International Conference on Security and Cryptography (SECRYPT 2015), pp.39-52, July 2015..

9.     Kenta Muranaka, Naoto Yanai, Shingo Okamura and Toru Fujiwara, "Secure Routing Protocols for Sensor Networks: Construction with Signature Schemes for Multiple Signers", Proc. of The 14th IEEE International Conference on Trust, Security and Privacy in Computing and Communications (IEEE TrustCom 2015), pp.1329--1336, August 2015..

10.  Kenta Muranaka, Naoto Yanai, Shingo Okamura, Toru Fujiwara, "Toward Secure Routing Protocols for Sensor Networks," The 10th International Workshop on Security (IWSEC2015), poster, August 2015.

11.  Hikaru Kishimoto, Shingo Okamura, Naoto Yanai, "Secure Payment Protocol for Charging Information over SmartGrid," The 10th International Workshop on Security (IWSEC2015), poster, August 2015.

12.  Yuma Higashiyama, Naoto Yanai, Shingo Okamura and Toru Fujiwara, "Revisiting Authentication with Shoulder-Surfing Resistance for Smartphones," Proc. of The Third International Symposium on Computing and Networking (CANDAR 2015), pp.89-95, December 2015.

13.  Naoto Yanai, Masahiro Mambo, Kazuma Tanaka, Takashi Nishide, Eiji Okamoto, "Another Look at Aggregate Signatures: Their Capability and Security on Network Graphs," Proc. of The Seventh International Conference on Trusted Systems (INTRUST 2015), LNCS 9565, pp.30-46, March 2016.

14.  Tomoya Iwasaki, Naoto Yanai, Masaki Inamura, Keiichi Iwamura, "Tightly-Secure Identity-Based Structured Aggregate Signature Scheme under the computational Diffie-Hellman Assumption," Proc. of The 30th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2016), pp.669-676, March 2016.

15.  Kazuma Tanaka, Naoto Yanai, Masayuki Okada, Takashi Nishide, Eiji Okamoto, APAT: An Application of Aggregate Signatures to BGPSEC, The 46th Annual IEEE/IFIP International Conference on Dependable Systems and Networks (DSN 2016), Fast Abstract, June 2016.

16.  Kenta Muranaka, Naoto Yanai, Shingo Okamura, Toru Fujiwara, ISDSR : Secure DSR with ID-based Sequential Aggregate Signature, In Proc. of the 13th International Joint Conference on e-business and Telecommunications (ICETE 2016), Vol. 4, SECRYPT, pp. 376-387, July 2016.

17.  Yudai Nagamine, Naoto Yanai, Shingo Okamura, Toru Fujiwara, "Malware for Protocol Misidentification," The 11th International Workshop on Security (IWSEC2016), poster, September 2016.

18.  Hayato Shimamoto, Naoto Yanai, Shingo Okamura, Toru Fujiwara, Web Security Model with Cache, Proc. of International Symposium on Information Theory and its Application (ISITA) 2016, pp.413-417, October-November 2016.

19.  Ryo Fukuyama, Naoto Yanai, Shingo Okamura, Toru Fujiwara, Towards a Formal Foundation of Protection against Data-Oriented Attacks, Proc. of International Symposium on Information Theory and its Application (ISITA) 2016 pp.418-421, October-November 2016.

20.  Naoto Yanai, "Towards Provable Security of Dynamic Source Routing Protocol and Its Applications," Proc. of ER 2016 Workshops, AHA, MoBiD, MORE-BI, MReBA, QMMQ, SCME, and WM2SP, LNCS 9975, pp.231-239 November 2016.

21.  Naoto Yanai, On the Tightness of Deterministic Identity-Based Signatures, Proc. of The Fourth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR 2016), pp.168-173, November 2016.

22.  Hikaru Kishimoto, Naoto Yanai, Shingo Okamura, An Anonymous Authentication Protocol for Smart Grid, The 5th International Workshop on Security Intricacies in Cyber-Physical Systems and Services (INTRICATE-SEC 2017), March 2017 (accepted).

Domestic Symposium.

1.     矢内 直人千田 栄幸, "権限の違いを考慮した多重署名方式," 情報処理学会東北支部研究会平成20年度 第6, A-3-5, pp.1-8, 20093.

2.     矢内 直人千田 栄幸満保 雅浩, "署名順序を検証可能な確率的IDベースアグリゲート署名方式," 2011年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 3A1-1, pp.1-6, 20111.

3.     矢内 直人千田 栄幸満保 雅浩, "順序検証可能な多重署名方式の安全性証明に関する一考察," 2011年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 3A1-2, pp.1-6, 20111.

4.     矢内 直人秋山 浩岐小久保 博崇窪田 峻太田 佳樹, "構造型集約多重署名方式の開発," コンピュータサイエンス専攻テクニカルレポートソリューション型研究開発プロジェクト2010年度研究成果報告, pp.113-118, 20112.

5.     Naoto YANAI, Raylin TSO, Masahiro MAMBO, and Eiji OKAMOTO, On the Security of Certificateless Ordered Sequential Aggregate Signature Scheme against Super Adversaries, 2012年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 4A2-2, pp.1-8, 20121.

6.     矢内 直人千田 栄幸満保 雅浩岡本 栄司, “スタンダードモデルにおける順序検証型多重署名方式”, 2012年 コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS, 2C1-3, pp.1-8, 201210.

7.     北島 暢曜矢内 直人岡本 栄司, “多人数の署名者によるFail-Stop署名の構成に関する一考察”, 2013年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 2A2-3, pp.1-8, 20131.

8.     矢内 直人千田 栄幸満保 雅浩岡本 栄司, “多者多重署名の構成に関する一考察”, 2013年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 3A4-3, pp.1-8, 20131.

9.     小林 佑行矢内 直人西出 隆志岡本 栄司, “ゲートウェイ型しきい値パスワード鍵共有の構成に関する一考察”, 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 信学技報, Vol. 113, No. 135, ISEC2013-35, pp.247-254, 20137.

10.  矢内 直人千田 栄幸満保 雅浩花岡 悟一郎岡本栄司, “多者多重署名とその応用”12回情報科学技術フォーラム (FIT 2013), L-027, 4分冊, pp.281-282, 20139.

11.  矢内 直人千田 栄幸満保 雅浩岡本 栄司, BGP指向アグリゲート署名の構成”, 2013年 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS), 2C3-1, pp.510-517, 201310.

12.  Naoto Yanai, Eikoh Chida, Masahiro Mambo, and Eiji Okamoto, Efficient CD-based Ordered Multisignature Schemes without Random Oracles36回情報理論とその応用シンポジウム (SITA 2013), pp.134-139, 201311.

13.  北島 暢曜矢内 直人西出 隆志岸本 渡花岡 悟一郎岡本 栄司, “多人数の署名者によるFail-Stop 署名とその応用”36回情報理論とその応用シンポジウム (SITA 2013), pp.140-145, 201311.

14.  小林佑行, 矢内直人, 西出隆志, 花岡悟一郎, 岡本栄司, “プロキシ型しきい値パスワード鍵共有”, 2014年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2014), 3D5-3, 20141.

15.  東山侑真, 岡村慎吾, 矢内直人, 藤原融, “タッチパネル端末の特性を利用した覗き見攻撃耐性をもつ個人認証手法”, 2014年コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS 2014), Vol. 2014, No.2, pp.1023-1028, 201410.

16.  Naoto YANAI, Masahiro MAMNO, and Eiji OKAMOTO, Ordered Multisignatures Made Shorter, 37回情報理論とその応用シンポジウム (SITA 2014), pp.72-77, 201412.

17.  村中謙太, 矢内直人, 岡村真吾, 藤原融, “多人数署名の実装と評価”, 情報通信システムセキュリティ研究会 (ICSS), 電子情報通信学会技術研究報告, ICSS2014-78, pp.91-96, 20153.

18.  東山侑真, 岡村真吾, 矢内直人, 藤原融, “覗き見攻撃態勢をもつチャレンジ&レスポンス認証方式”, 2015年電子情報通信学会総合大会, A-7-10, 20153.

19.  田中 和磨, 矢内 直人, 岡田 雅之, 金山 直樹, 西出 隆志, 岡本 栄司, "BGPSECにおけるアグリゲート署名の導入," コンピュータセキュリティシンポジウム2015 (CSS2015), pp.815-822, 201510.

20.  村中 謙太、矢内 直人、岡村 真吾、藤原 融, "多人数署名を用いたSecure-DSRの提案", 2016年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2016), 2E2-1, 20161.

21.  矢内 直人, "経路制御の定式化に向けて:DSR の構成", 2016年暗号と情報セキュリティシンポジウム2016 (SCIS 2016), 3F1-2, 20161.

22.  古田 侑士, 矢内 直人, 唐崎 正史, 江口 勝彦, 石原 靖哲, 藤原 融, ``決定性暗号を用いた秘匿ログ分析技術,''情報通信システムセキュリティ研究会 (ICSS), 電子情報通信学会技術研究報告, ICSS2015-54, Vol. 115, No. 488, pp. 41-46, 20163.

23.  村中 謙太, 矢内 直人, 岡村真吾, 藤原 融, ISDSR: IDベースシーケンシャルアグリゲート署名のDynamic Source Routing への適用,” コンピュータセキュリティシンポジウム 2016 (CSS 2016), pp.594-601, 201610.

24.  長嶺 優大, 矢内 直人, 岡村真吾, 藤原 融, MASQWARE: 通信プロトコルを偽装するマルウェア,” コンピュータセキュリティシンポジウム 2016 (CSS 2016), pp.655-661, 201610.

25.  福山 遼, 矢内 直人, 岡村真吾, 藤原 融, “データ指向攻撃の防御に関する考察,” コンピュータセキュリティシンポジウム 2016 (CSS 2016), pp.726-732, 201610.

26.  島本 隼人, 矢内 直人, 岡村真吾, 藤原 融, “キャッシュを包括するウェブセキュリティモデル,” コンピュータセキュリティシンポジウム 2016 (CSS 2016), pp.741-748, 201610.

27.  岸本 光, 矢内 直人, 岡村真吾, 藤原 融, “スマートグリッドにおけるグループ署名を用いた利用者認証プロトコル,” コンピュータセキュリティシンポジウム 2016 (CSS 2016), pp.850-857, 201610.

28.  Naoto Yanai, Toru Fujiwara, A New Proof Technique for Tight Security Reductions on Deterministic Identity-Based Signatures, 39回情報理論とその応用シンポジウム (SITA 2016), 8.2.2, pp.466-471, 201612.

29.  岸本 光, 矢内 直人, 岡村 真吾, “スマートグリッドにおける利用者認証プロトコルの導入に向けた性能評価, 2017年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2017), 1C2-5, 20171.

30.  大久保 隆夫, 矢内 直人, Event-Bを用いた攻撃、脆弱性の検証のための脅威モデル化の検討, 2017年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2017), 2A1-2, 20171.

31.  矢内 直人, 大久保 隆夫, “非干渉性の再考と応用, 2017年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2017), 2A1-3, 20171.

Misc.

l  矢内直人, “ルーティングプロトコルに向けた多人数署名の構成について”, 2014年暗号理論ワークショップ, 20143.

l  矢内直人, “電子署名”, ELC暗号理論秋学校, 20149.

l  矢内直人, Where Are We Going: BGP 向け署名技術について”, 2015年暗号理論ワークショップ, 20152.

l  矢内直人, “電子署名の構成とその応用プロトコルについて”, 2015年度暗号理論秋学校, 20159.

Research Activity

l  2010年度:財団法人交流協会が推奨する若手研究者交流事業に研究計画が受理。当協会の支援を受けて平成229月から10月の2か月、 台湾國立政治大學 左助理教授の研究室へ研究留学。[活動報告]

l  2011年度〜2013年度:“クラウドコンピューティングに適した暗号技術に関する研究”にて財団法人テレコム先端技術研究支援センター(SCAT)から研究奨励金を受領。

l  2014年度〜2015年度:科研費, 研究活動スタート支援, “安全なインターネット経路構成技術に関する研究, 2,730千円

l  2016年度〜2017年度:科研費, 若手研究(B, “安全なIoT ネットワークの経路制御に関する研究, 3,900千円.

l  2016年度〜2017年度:JST, ACT-I, “暗号学的期待値分布に基づくソースコードレベルでの汎用的脆弱性検証手法”(201612月より採択).

 


Teaching                                                  

Teaching Assistant

l  TA: 平成21年度 離散構造, 筑波大学 情報学群情報科学類.

l  TA: 平成22年度 主専攻実験 (情報セキュリティ実験), 筑波大学 情報学群情報科学類.

l  TA 平成22年度 ソフトウェア品質保証筑波大学 情報学群情報科学類.

l  TA: 平成23年度 ソフトウェア品質保証筑波大学 情報学群情報科学類.

l  TA: 平成23年度 情報処理実習(社会二班), 筑波大学.

l  TF: 平成23年度 情報セキュリティ特論筑波大学 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻.

l  TF: 平成24年度 リスク工学特別演習認証処理特論, リスク工学専攻.

l  TF: 平成24年度 認証処理特論, 筑波大学 システム情報工学研究科 リスク工学専攻.

l  TF 平成24年度 情報セキュリティ特論筑波大学 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻.

l  TF: 平成24年度 情報処理実習(社会二班), 筑波大学.

l  TF: 平成25年度 リスク工学専攻特別研究筑波大学 システム情報工学研究科 リスク工学専攻.

l  TF: 平成25年度 リスク工学特別演習筑波大学 システム情報工学研究科 リスク工学専攻.

l  TF: 平成25年度 認証処理特論筑波大学 システム情報工学研究科 リスク工学専攻.

平成26年度以降のTeaching Work

l  平成26年度 大阪大学基礎工学部プログラミングA.

l  平成26年度 大阪大学基礎工学部ゼミナールB.

l  平成26年度 大阪大学基礎工学部情報科学実験C.

l  平成26年度 大阪大学情報科学研究科, enPiT セキュリティ(SecCap, 阪大演習.

l  平成26年度, 大阪大学情報科学研究科, マルチメディア工学演習T.

l  平成26年度, 大阪大学情報科学研究科, マルチメディア工学演習U.

l  平成27年度, 大阪大学基礎工学部プログラミングA.

l  平成27年度, 大阪大学基礎工学部ゼミナールB.

l  平成27年度, 大阪大学基礎工学部情報科学実験C.

l  平成27年度, 大阪大学情報科学研究科, enPiT セキュリティ(SecCap, 阪大演習.

l  平成27年度, 大阪大学情報科学研究科, マルチメディア工学演習T.

l  平成27年度, 大阪大学情報科学研究科, マルチメディア工学演習U.

l  平成28年度, 大阪大学基礎工学部プログラミングA.

l  平成28年度, 大阪大学基礎工学部ゼミナールB.

l  平成28年度, 大阪大学基礎工学部情報科学実験C.

l  平成28年度, 大阪大学情報科学研究科, 情報セキュリティ演習. enPiT セキュリティ(SecCap)に相当)

l  平成28年度, 大阪大学情報科学研究科, マルチメディア工学演習T.

l  平成28年度, 大阪大学情報科学研究科, マルチメディア工学演習U.

l  平成28年度, 同志社大学文化情報学部, 情報セキュリティ



Contact

Address: Room A302, Yamadaoka 1-5, Suita, Osaka, Japan.

E-mail: yanai[at]ist.osaka-u.ac.jp.