研究内容の概要

当研究室では,「情報を守る」と「情報の表現方法を究める」ための理論・技術の研究を行っています.「情報を守る」研究は,何(誰)から情報を守ろうとするのかによって,2つに大別することができます.1つ目は,自然界の雑音等から情報を守るための,符号理論に関する研究です.2つ目は,悪い人間から情報を守るための,暗号理論・電子透かしに関する研究等が含まれます.「情報の表現方法を究める」研究は,データモデル理論に関する研究等が含まれます.

最近の研究テーマ

符号理論

誤り訂正符号の復号アルゴリズムの設計・性能評価や,符号そのものの性能評価などに関する研究を行っています.精密な性能評価ができれば,必要以上に冗長を付加する必要がなく,効率的な通信ができます.具体的には,ネットワーク符号化という理論が情報伝送効率を挙げるために最近注目されていますが,ネットワーク符号化における誤り訂正符号の性能評価についての研究に取り組んでいます.また,誤り訂正符号を電子透かしに適用し,信頼度を向上させる研究なども行っています.

暗号

さまざまな情報サービスにおいて,どのような情報を,どのように守ればよいかについて研究を行っています.とくに暗号技術に関して, 数学的な基礎理論から応用アプリケーションの実験に至るまで, 広く扱っています. 最近の研究テーマとしては,効率的なディジタル署名の設計や,そのネットワークプロトコルへの導入評価,セキュリティシステムの安全性解析などがあります.

データベース理論

人間が扱うさまざまな情報を,計算機システムで処理できる形としてどのように表現すべきかについて研究を行っています.それは,そのシステムの処理能力や効率,利便性や安全性を左右する重要な問題だからです.最近の研究テーマとしては,XMLデータベースのスキーマ進化やスキーマ統合とそれに付随する処理の自動化,不完全情報表現モデルの開発,推論攻撃に対する安全性検証法の提案などがあります.

研究室配属を考えている学生さんへ

当研究室の研究内容は,情報科学分野における基礎理論・基盤技術です.一般に数学的・論理的・形式的な議論が必要となるため,ちょっと見ただけではとっつき難いイメージを持たれることもあります.しかし,新しいコンピュータの限界や計算の本質を議論しようとするときには欠かすことのできない大変重要な研究です.また,学生時代に本質に迫る研究をすることは,将来社会に出て仕事をする上で貴重な財産になります.情報科学の本質に迫る研究に興味がありましたら,いつでも見学に来て下さい.

研究テーマの詳細

お問い合わせ先

web_master@iff.ics.es.

ページのトップへ戻る